自己紹介

High Field行政書士事務所
代表 行政書士 方波見 泰造(かたばみ たいぞう)

1974年生れ(寅年)、茨城県出身、学習院大学法学部卒業。

そもそも生きていけるかどうかという極限状態の中で大学なんて行けるはずもないところ、要領だけで複数合格。調子に乗って入学してみたものの結局大学のイメージを壊すかのように、学生時代4年間は墓石屋でアルバイト。洗練された人々が闊歩する青山通りをつるはしを担いで地下足袋で我が物顔に疾走していました。

リアルななまはげが青山通りを駆け抜けていく感じですよ。実際のところ。

4年間、一緒に仕事をしたおじさま達にはとても可愛がって貰い、心から感謝しています。今の思考・心構えの土台を形成できた、学校より大切な財産です。
完全に仕事にウエイトが置かれていた為、最小限の出席で大学を卒業。
いつも石やスコップを持っていたので、今や見る影もないですが、当時は筋骨隆々としていました。
おそらく今でもお墓を立てること事ができます。

就職氷河期は過ぎていたもののまだまだその後遺症で就職が厳しかった中、何故か受ける会社・会社全て採用。
就職したのはメガバンク系信販会社で、8年の勤務を経て今度は事業者向け金融に転職。
就職以来16年間、営業や債権管理で10,000人以上の事業主の皆様のご相談に乗りました。
一方、転勤や昇進、単身赴任に一喜一憂することの繰り返しの中で、そのまま自分が埋もれていくことに耐え難い恐ろしさを感じ、長時間通勤のJR常磐線の中で取得したのが行政書士でした。某漫画の影響もありますが笑
(通勤中は勉強、息抜きの漫画、の繰り返しだったので、長編漫画もだいぶ読破しました。ゴ〇ゴを当時の全巻読んだくらいですから)

行政書士を取得したのは、元々法律関係の事務所を「自分で経営」したかったのと、開業後は最も実力が試される業界ではないかと思ったから。
会社を早期退職し、38歳で行政書士事務所開業。

以後、遅いスタートを取り戻すかのように、建設業、産廃収集運搬業、中間処理業、宅建業、運送業、訪問介護、デイサービス、介護タクシー、保育所設置、NPO法人設立、障がい者支援施設、飲食業、キャバクラ、性風俗、古物商、警備業、自動車リサイクル業、医療機器販売業、薬局開設、飲食業から、国際結婚、就労ビザ、農地転用と、多くの許認可取得を手掛けました。現在進行中。

数ある行政書士業務の中でも「許認可」に特化したのは、「経営者・事業者と毎日接することで、そのエネルギーを浴びて常に全力を出せそうだから。あとは単純に、『いろいろできそうだから』」
実際、許認可業務を扱うことで、事業者の皆さんの「希望にあふれたスタート」に関われて、とてもやりがいを感じています。(その分プレッシャーも大きいですが)
「行政書士」業務を中心にしながらも、企業の開業・経営支援をコンセプトに、日々挑戦していきたいです。

仕事の無い日は宮城県内のキャンプ場に出没しますが、冬場のオフ期間はもっぱらインドアでジャンプ世代の漫画を読み返しています。
その影響で小学校~中学校時代の感覚が抜けきれず、精神年齢はその当時と全く変わりません。

PAGE TOP