事務所経営

コピーについて

行政書士の方波見です。

年末に新装した事務所がそもそも居住用を事務所に転用したものなので居住感満載。その結果この2か月で布団やソファなどの居住用品が急激に増えています。そのうち宿泊して布団に入っている姿がFBでアップされるでしょう。変なやつだと思って友達切らないでください笑

さて先日複合機のカウンター料と請求書が送られて来ましたが久々しびれました。

私の事務所では白黒コピーが1枚2円、カラーコピーが15円、一般的な相場だと思いますが先月は産業廃棄物中間処理施設の住民説明会があり、500人分の住民回覧を2セット両面カラーコピー作成したため結構な料金になっていました。

まあそりゃそうですね、白黒2円の8倍ですからね。

ただ、許認可業務をやっているとカラーコピーを使用するケースは結構多いです。

今回のような住民説明会資料は「見やすさ」が大事なので、必然的にカラーコピーにせざるを得ませんし、量も大量。

産業廃棄物の「収集運搬業」の場合も運搬車両と運搬容器の写真が必要。

建設業も事務所の写真が必要。

この点、白黒でいいものは極力白黒、カラーであるべきものはカラー、ということで経費削減といったところですね。

例えば建設業許可申請で言うと、原本に添付する役員の住民票や登記事項証明書、納税証明書そのものは鮮やか?色がついています。

だからと言って副本や控えはそれらをカラーでコピーする必要はありません。白黒でOKなのでそこは白黒です。

何をケチケチ言ってんだということですが、大事ですよ大事。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

PAGE TOP