行政書士

「今日やるべきことは今日やる」が如実に表れる件

行政書士の方波見です。

今日は午前中に産業廃棄物中間処理施設について町役場との打ち合わせ、午後は酒類製造免許の申請後の追加対応についての打ち合わせを行なってきました。

打ち合わせ的にはいずれもヘビー級でしたので、体力的にはいい感じにトランス状態です。

さて、仕事の種類を問わず「今日やるべきことは今日中にやる!」ということがよく言われると思います。

当てはまるケースは沢山ありますね。純粋に今日やるべき量があらかじめ決まっているのでノルマ的な感じでこなさなければならない場合。段取り上今日やらなければならない場合。

いろいろなケースがあると思いますがこの仕事を始めたばかりの皆さんもいらっしゃると思うので書いておきますと、必ず当「打ち合わせ結果」の整理は必ず当日中にしておいたほうがいいです。

1日のうちで新規の面談(相談)が重なったりしますと、打ち合わせ内容もその面談の分だけあります。

そうすると、打ち合わせの細かな内容まで覚えているかというとそれは中々大変。

なので面談中は当然ながらメモをとったりパソコンに入力したりして面談内容を記録しておくのですが、その日のうちに内容を整理しておくべきです。

なぜなら翌日になると打ち合わせ内容をそのときの断片的なメモや記録だけでは思い出すことが難しいから。

記憶があいまいになって、場合によっては後日「あのとき言いましたよね」とあらぬ不信を招く結果になりかねません。

ぜひ面談記録はその日のうちに整理しておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP