事務所経営

去る者は追わず精神

行政書士の方波見です。

「来るものは拒まず」とセットが「去る者は追わず」ですね。

まず「来るものは拒まず」の方はなかなかツラいです。

業務で言えばやはりお受けできない業務もあります。キャパ的な意味もありますし、職業倫理上できないこともあります。
プライベートでも、うーん、拒まずでは通せない場合もありますね。そんなに人間できてないんで。

一方で「去る者は追わず」は私的にはその通りですね。
その意味では淡白なのかも知れません。

業務でもプライベートでも。

だって「去りたい」んですからしょうがない(笑)

誤解を恐れずに言いますと、「獲る」までは徹底的に攻めます。営業でもそうですしプライベートでも(・・・!?)それは昔か(笑)

そのうえで、いわば全力でやってみて駄目ならしょうがないです。そうですよね、先方は嫌なんだもの。

「しばらく、しばらくお待ちくだされ!!!」と袴の先をつかんで懇願するなら別な目標に進んだ方がいいですから。

時間が無限にあるならその過程を楽しむのもいいかも知れませんが、残念ながらそう時間は多くありません。

切替が大事だと、つくづく思う今日この頃でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

PAGE TOP