無料相談予約窓口 0120-489-022
対応許認可数はトップクラス!「許認可専門」の行政書士が起業・新規事業をサポート!

深夜酒類提供飲食店営業

深夜酒類提供飲食店営業

飲食店営業を行う中で、深夜(午前0時から日の出まで)にお客様に酒類を提供する場合には、「深夜酒類提供飲食店届出」を提出する必要があります。
ただし、深夜に酒類を提供する、といっても、牛丼店やラーメン店等のように、通常主食と認められるような食事を提供していて、酒類は付随的に提供するような飲食店の場合は、届出は不要です。

深夜酒類提供飲食店営業届出のポイント

立地

風俗営業(接待飲食店等営業)同様、以下の地域では営業できません。

  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域
  • 準住居地域

建物の構造

  • 客室の床面積が9.5㎡以上であること(客室が1室だけの場合は、例外があります)
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと(高さ1m以上の仕切り、つい立カーテン等)
  • 善良の風俗または風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠設備を設けないこと
  • 店内の照度が20ルクス以下にならないこと
  • 騒音・振動が条例で定める数値以下であること
  • ダンスができるような構造または設備を設けないこと

申請に必要な書類

  • 深夜酒類提供飲食店営業の営業開始届出書
  • 深夜酒類提供飲食店営業の営業方法
  • 店舗の平面図、テーブル・椅子等の配置図、求積表
  • 証明・音響・防音設備図
  • 飲食店営業許可証の写し
  • 申請者(法人の場合は役員全員)の住民票
  • 法人の場合は、会社謄本と定款写し

上記以外の書類を求められる場合もあります。

風俗業(接待飲食店等営業)と、他の許可との関係

1.風俗営業(接待飲食店等営業)と飲食業

スナック、キャバクラ、ホストクラブ等の接待飲食店等営業の場合、酒食をお客様に提供するわけですから、当然「飲食業許可」が必要となります。
お客様に「飲食させる」という点では、レストラン、料理店、居酒屋、ショットバー等と同じです。

2.風俗営業(接待飲食店等営業)と深夜酒類提供飲食店営業

午前0時以降もお客様に酒類を提供する場合は、「深夜酒類提供飲食店営業」に該当し、届出を出す必要がありますが、注意すべきことは、風俗営業(接待飲食店等営業)許可を取得している場合には、そもそも深夜営業自体ができない、ということです。
原則として、風俗営業と深夜酒類提供飲食店等営業の両方を行うことはできず、どちらかを選ばなければいけない、ということです。

報酬一覧

初回相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

申請の種類 報酬(税込) 実費(証紙代等)
飲食業許可申請 54,000円~ 16,000円
風俗営業許可(接待飲食の場合) 216,000円~ 27,000円※
深夜酒類提供飲食店届出 108,000円~ -

※宮城県は24,000円です。

無料相談はこちらから
無料相談はこちらから
初回無料面接相談実施中!
会社設立専門サイト
建設業専門サイト
産廃専門サイト
ビザ申請専門サイト
ブログ更新情報
High Fieldグループ採用情報
High Fieldグループクレド

ページの一番上に戻る