無料相談予約窓口 0120-489-022
対応許認可数はトップクラス!「許認可専門」の行政書士が起業・新規事業をサポート!

通所介護(デイサービス)

通所介護(デイサービス)とは何か

要介護者、要支援者等の利用者を通所介護施設(デイサービス)に通わせ、そこで入浴、排せつ、食事等の介護、日常生活上の支援、機能訓練、その他生活等に関する相談や助言を行うものです。
通所介護事業所は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)等に併設することもできますが、株式会社等民間の法人が開設し、運営することももちろん可能です。
介護保険制度が始まってからは、株式会社等の民間営利法人の開設、運営が急増しているところです。
通所介護(デイサービス)を利用することで、利用者だけでなく、利用者の家族が休息をとることができるようになります。

通所介護(デイサービス)事業指定の要件

自治体により若干差があります

組織に関する基準

法人であることが求められます。 法人格の種類は問われませんので、新たに株式会社、合同会社、一般社団法人等の法人を設立するか、既に法人組織であれば、定款の目的に、「介護保険法に基づく通所介護事業」(保険外サービスも視野にいれているのであれば、加えて「通所介護」)を追加すれば良いでしょう。

設備に関する基準

  • 「食堂及び機能訓練室」「静養室」「相談室」「事務室」をそれぞれ確保できること
  • 「食堂及び機能訓練室」は、定員1人当り3㎡以上であること
  • 必要なその他の設備及び備品を備えること

利用者は、ほぼ「食堂及び機能訓練室」で過ごすことになりますので、一定の広さが求められています。
「静養室」は、ベッドや布団等を置いて静養できるスペースのことです。
「相談室」は、遮蔽物を設置するなどして、会話の内容が漏れないように配慮する必要があります。

人員に関する基準

常勤かつ専従の管理者が1名以上
生活相談員が、専従で1名以上
社会福祉士、介護福祉士、ヘルパー1級・2級等の資格が必要です
看護職員が専従で1名以上
看護師又は准看護師の資格が必要です
介護職員が、利用者数15名までなら専従で1名以上、15名を超える場合には、5名またはその端数を増すごとに1名を加えた数以上
機能訓練指導員が1名以上
理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師等の資格が必要です。日常生活や行事を通じて行う機能訓練である場合は、生活相談員や介護職員が兼務できる場合もあります

申請時必要書類

一般的なものです。実際は他の書類も求められる可能性があります

  • 指定(許可)申請書
  • 訪問介護事業所の指定に係る記載事項
  • 申請者の定款、寄付行為等の写し及び登記事項証明書又は条例等
  • 従業者の勤務体制
  • 従業者の資格証の写し
  • 従業者の雇用・人員配置の事実を確認できる書類の写し
  • 管理者の経歴書
  • サービス提供責任者の経歴書
  • 事業所の平面図と、外観及び内部の様子が写った写真
  • 設備・備品等一覧
  • 運営規程
  • 苦情を処理するための措置概要
  • 損害保険証書の写し
  • 資産目録、事業計画書、収支予算書等
  • 直近の決算書又は当該年度の事業計画書・収支予算書
  • 誓約書
  • 役員名簿
  • 介護給付費算定に係る体制等状況に関する届出

報酬一覧

初回相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

申請の種類 報酬(税込) 実費(証紙代等)
訪問介護(ホームヘルプサービス)事業指定申請 162,000円~ -
通所介護(デイサービス)事業指定申請 162,000円~ -
居宅介護支援事業所指定申請 162,000円~ -
小規模多機能型居宅介護指定申請 194,400円~ -
認知症対応型共同生活介護指定申請 194,400円~ -
介護タクシー許可申請 194,400円~ -
無料相談はこちらから
無料相談はこちらから
初回無料面接相談実施中!
会社設立専門サイト
建設業専門サイト
産廃専門サイト
ビザ申請専門サイト
ブログ更新情報
High Fieldグループ採用情報
High Fieldグループクレド

ページの一番上に戻る