ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 事務所経営 > 今年の動きについて

今年の動きについて

ここ数か月、土曜・日曜は絶好の書類作成日和とばかり事務所に引きこもっておりましたが、今日は久々に自宅の部屋にこもり(こもるのは一緒)、今年着手すること、準備しておくこと、動き方などをじっくり考えていました。

別に事務所に居なくても仕事やってるんだぜ的な変なアピールをしている訳ではなく、むしろ昼は無性にラーメンが食いたくなって外に出てその帰りに無駄にホームセンターに行ってみたり、夕方は夕方で某古本屋に繰り出して大量の漫画を買ってきたり(しかも「夜王」)して、結局最初から事務所に居た方がはかどったんじゃないか、という結論に至っています。

まあそれはそれで。

今年の動きなどは本来、昨年末に考えておくことばかりだったのですが、自分の処理能力を大幅に見誤り大量案件処理に予想外の時間を費やしてしまったことが原因です。
うん、人ひとりの能力なんてたかが知れている。

済んでしまったことはしょうがない。

そういった経緯から、これまで明確に分けていなかった今の業務をいくつかに分けて考えてみました。

その結果、私の行政書士業務の中心である「許認可」を、その業務内容は以下に分けました。

1.営業、マーケティング(顧客管理を含む)という、許認可業務ではないが、一番重要な業務
2.役所との協議・書類作成・提出という、許認可業務そのもの
3.申請書の控え等の管理、許認可の管理という、許認可取得後に必要となる業務

このうち、何となくおろそかになった1を私が行い、2・3を分担化したい。

と、いうことで今年はそれを実現するための動きをし、遅くとも来年初めには軌道に乗せたいと考えています。

ブログで偉そうなことを書いたり、ウェブ上で偉そうな顔をしていますが、まだまだ吹けば飛ぶような事務所です。蹴っ飛ばしたら倒れる。

売上のことは24時間頭を離れませんし、夜不安になって眠れないことも頻繁にあります。

だからこそ、今のままでは今のまま、この不安が続くのは勘弁です。

うん、書いちまったのでやるしかなくなりました。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.