ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 行政書士 > 期限!期限!

期限!期限!

行政書士の方波見です。

夏休み、皆さんは宿題を最初に終わらせる派でしたか?ギリギリに終わらせる派でしたか?
ギリギリ派の皆さんは行政書士になると、毎日尋常ではないプレッシャーに苛まれるかもしれません笑

行政書士に限らずどんな仕事であっても「期限」というのは重要なのですが、ダーマ神殿で一介のサラリーマンから行政書士に転職した私としては、行政書士業にかかわる期限のプレッシャーは半端ではありません。責任の最終所在地が自分自身であるということ自体も大きい気もしますが・・・。

許認可という業務に携わっておりますと、期限に関するスケジュール管理がそれ自体一つの業務と言えます。
人ひとりあててもいいです。

例えば株式会社Aの建設業の許可期限は平成29年12月31日。
土木事務所で更新許可申請を受け付けてもらえるのは一か月前の11月30日から。
実際には1か月の期間があるわけですが、うーん、許可内容が変わっていないか確認も必要だし、そもそも案内する必要があるし、社長とアポとったとして実際に会うまで1週間くらいの余裕は欲しいし、その間に住民票や身分証明書を準備してもらう必要があるし、もし代行取得するんであれば委任状もらわんといかんですし、あ!常務は住所大阪だった、郵送でとったら時間かかるから・・・と期限にかかわる検討事項がそれこそいくらでも出てきます。

また、突然新規のお客様から連絡が入る場合があります。
「実は、許可期限が来週なんですよ。」

基本的には受けます。それこそジェネラルルージュ速水先生風に言えば「受けろ!」という感じで。
(もちろん事務所の繁忙度合いによっては別の先生をご紹介する場合もありますが。)

「いついつまでに申請して欲しいんです。」という場合もあります。あり得ることですね、受注予定の仕事や、他の許認可などとの絡みです。
この場合も、明確に「いつまで」という期限を確認させてい頂いたうえでお受けしています。もし事務所的に難しければ、他の専門の先生をご紹介できますし。

こうなってくると、日々期限!期限です。

そして自分の期限は後回しになっていくわけです笑

もちろん運転免許更新はギリギリ。

求人ものびのび泣

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.