グループホーム

Business content

グループホームとは何か

グループホームは、正式名称を「認知症対応型共同生活介護事業所」といい、市区町村が指定・監督を行う「地域密着型サービス」に位置づけられています。
事業所数は、この10年の間で約2.7倍に増加しています。
要介護者等で、認知症(ここでは、「脳血管障害、アルツハイマー病その他の要因に基づく脳の気質的な変化により日常生活に支障が生じるまでに記憶機能その他認知機能が低下した状態」をいいます)である方が、食事や入浴、排せつ等の生活全般に及ぶサービス、介護、機能訓練を受けながら、共同生活を行います。
グループホームは、民家を改修して行うことも可能で、定員が少人数(5~9名)であること、入所者とスタッフが共同で生活を行うということから、他の介護施設と比較して家族的な雰囲気の中で生活を送れるという特徴があります。

地域密着型サービス

繰り返しになりますが、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は、市町村が指定・監督権限をもつ「地域密着型サービス」に分類されます。
その結果、事業者がいつでも自由に参入できるわけではなく、「公募」が行われるのが一般的です。
仙台市の場合は、市のホームページに「募集要項」が掲載され、要項に従って「応募受付」が行われ、審査の結果「事業者決定」という流れとなります。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)指定、居宅介護支援事業指定の要件

自治体により若干差があります

人員に関する基準


設備に関する基準


立地に関する基準

事業所自体は、利用者の家族との交流の機会の確保や地域住民との交流を図るという観点から、住宅地、または住宅地と同程度の地域であることが必要です。

申請時必要書類

一般的なものです。実際は他の書類も求められる可能性があります

報酬一覧

初回相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

申請の種類 報酬(税込)
訪問介護(ホームヘルプサービス)事業指定申請 162,000円~
通所介護(デイサービス)事業指定申請 162,000円~
居宅介護支援事業所指定申請 162,000円~
小規模多機能型居宅介護指定申請 194,400円~
認知症対応型共同生活介護指定申請 194,400円~
介護タクシー許可申請 194,400円~
Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.