ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 個人的なこと > 「ただひたすらやるべきこと、これ以上ないことをやってきた」

「ただひたすらやるべきこと、これ以上ないことをやってきた」

「ただひたすらやるべきこと、これ以上ないことをやってきたので、何も不安要素はない。」

金メダルを獲る前、記者会見に臨んだ羽生結弦選手が言った言葉です。

久々刺さりましたね。
43歳オヤジ行政書士はコテンパンにやられ、ショックを受けました。何故ならこれを今の自分に置きかえると以下の言葉になるからです。恥ずかしいことこの上ありません。

「あれもやりたいこれもやりたい、よそ見して不完全燃焼なので不安要素だらけです。」

話にならんでしょ、これ。

ただ、最近焦りに焦って空回りしていた状態に一筋の明かりをさしてくれた言葉でもあります。若くして一つの世界を極めた人間の言葉。年齢など全く問題にならないと思います。

むしろ「自分の方が人生経験多いんだから」などと思考停止するようなオヤジ、世界が核の炎に包まれた199X年(過ぎてるし笑)的に言えばジャギ様のように

「兄より優れた弟など存在しねえ!!!」

というような歪な考えを持った自己中オヤジにはなりたくありません笑

常に何かを吸収して生きたい、常に緊張して生きたい、そう思った日曜の午後でした。

明日の夜は一緒のグループの税理士からの誘いで、とあるセミナーに出席です。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.