ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 事務所経営 > 【事務所運営】心配事はどのステージでも尽きない、マジで

【事務所運営】心配事はどのステージでも尽きない、マジで

行政書士の方波見です。

行政書士として独立した5年前、心配事と言えば「売上」それに尽きました。

そもそも売上がなければ何もできない。

行政書士として社会に貢献する(私にそんな気持ちがあったかどうかは微妙)、というような高尚な目的をもっていても売上がなければ何もできないわけで、すべての悩みは売上にありました。

そこから5年、自分なりに試行錯誤して、周りの人にも恵まれ環境にも恵まれ、「行政書士1人」として生み出す売上という意味では達成したのかも知れません。

ただ、今はもしかすると開業初年度以上の悩みにさらされているかもしれません。かもしれないじゃなくて実際そう。

今以上のサービスを提供するためにはもう自分1人では限界。だからこそ人を増やしましたし、さらに増やさなければなりません。

そうなるとまだまだ原始的な部分もある事務所の体制もがらっと変えなければならない。

その一方で現状のサービスの質、お客様へのレスポンスも絶対に下げる訳にはいきません。

そして生々しい話ではありますがサービスの量が増えれば出ていくカネも増えます。それも決して下げる訳にはいかないどころかさらに投資しなければならない。

開業時は「売り上げを上げる!」という一点集中だったものが今はいくつもの課題があり、すべてが緊急かつ重要な問題だという現実。

私自身が選んだ道であり好きな道なので悔いはありませんが、絶対に後戻りはできない。

キアヌ・リーブス的に言えば「走り出したら止まらない」。

明日からまた走ります。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.