ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 行政書士 > やれるときにやっておくこと

やれるときにやっておくこと

まいどお世話様です。方波見です。

ハローワークに求人を出しているところですが、まだリアクションはありません。厳密にはありましたが、それはハローワークからの確認の電話でしたので、完全なヌカ喜びです。以上、愚痴。

さて、今日は朝イチで福島県は郡山市へ向かい、昨年から打合せで煮詰めていた「医療機器販売業」の申請を行ってきました。無事受理。

ご紹介頂いた案件でしたので、何とか審査に乗せることができて安心しました。許可となるまで気が抜けませんが。

その帰り道、受任中の農地転用の関係で、申請書類の押印が終わったとの連絡。

申請書以外、要は添付書類に関しては土地の登記事項証明書と公図以外は揃えておいたため、そこでふと思う訳です。

「今からフルパワーで帰って法務局で謄本と公図集めれば夕方までに申請できるんじゃね?」

最近思うんですね、いや、昔からか。多分共感して頂ける方も多いはずです。

それは、

「やれることをやれるうちにやっておかないと、あとでやる時間がなくなりますよ」

ということ。

ありませんか?「まー、住民票と会社謄本、あれとあれが揃ってから取れば大丈夫だな、今のうちこっちをやっておくか・・・」

と判断すると、そのうちにどんどん予定が埋まってしまって書類を集める時間がなくなってしまうことが。

その間に住所移転なんかあった日には目も当てられません(実話)。

まあそういう事で久々の郡山もそこそこに仙台に取って返し、鬼の形相で謄本収集を行って何とか農地転用の申請を完了させてきました。

農業委員会着、16:50笑(もちろん事前に電話しておきましたんで)

おかげで週末は落ち着いて仕事ができそうです。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.