ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 補助金 > 補助金業務開始と補助金についての概論

補助金業務開始と補助金についての概論

囲み枠c

「補助金」とは何でしょう。

今回、当事務所では本格的に補助金業務を開始することとなりました。

従来のメイン業務である「許認可」について、その資金面でのサポートをさせて頂くためです。

国には一定の政策目標があります。
この政策目標を達成するためには全国それぞれの事業者の取り組みが不可欠ですが、そういった取り組みをしっかりと行う事業者に対して国などが交付する資金、これが補助金です。

補助金の交付を受けることで事業者の取り組みが広がっていき、事業の拡大・展開が図れるということです。

この補助金は国の政策ごとに色々な種類が募集されます。したがって事業者は補助金の種類を理解し、その目的にあったものを利用することとなります。

ただし決して少なくない金額の交付を受ける補助金です。交付を受けるには審査が審査があり、事後の検査もあります。
交付すべきでないと判断されれば申請は通りませんし、一旦交付決定が出てもその後の運用に問題があれば交付決定は取消・最悪返還という事態になります。

そしてここが誤解が多いところなのですが、ほとんどの補助金は「清算払い」、すなわち実際に補助金が交付されるまでは事業者自身が自己資金・借入などで事業を行わなければならないということです。

ですので、「補助金ありき」の事業計画は絶対に慎まなければなりません。

また、多くの補助金で明確な事業計画を求められますが、これもまずは本気で事業者自身が考えなければなりません。
これはある意味当然のことでもあります。
事業を行うのは事業者自身。補助金の審査は「本人が本気か否か」を必ず見ます。その意味では私はあくまでそのサポートと言ってもいいかも知れません。

これから、このブログやFacebookページ、事務所のWEBで補助金についても触れていきます。

皆様の有益な情報になれば幸いです。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.