ブログ

BLOG
TOP > ブログ > 個人的なこと > 建設業許可 後遺症は突然に

建設業許可 後遺症は突然に

私は学生時代、諸般の事情により金銭的余裕がなかったことから4年間ほぼアルバイトをしていました。
勉強とバイトの比率は1:9です。勉強した記憶がありません(笑)

何のバイトをしていたかというと、墓石建立です。
墓石店といっても墓石だけではなく、民家の石塀や鳥居から、庭の灯篭・道端の観音様まであります。

そう、このときに今の許認可と触れ合っていたわけです。建設業の「石工事」です。

必要なら言って下さい。設置しますよ。腕がなまってなければ。

ところが、今、そんな冗談ばかり言っていられない状況になっています。

出てしまったんですよ。後遺症が・・・。

若かりし学生時代、力任せに墓石を担いだり砂袋を持ったり、場合によってはどれだけ重いものを持てるか勝負したりしていた結果、今になって腰と足に来てしまったのですよ。突然。

両足太ももに常時鈍い痛みがありますし、腰も座っている体制や寝た体制から立ち上がったりするとイテテテ・・という感じです。
もう全力で走ったりできないんでは?

あのころはそうしなければ生活できませんでしたので後悔はしていませんが、ちょっとショックですね。

仕事に影響はないのでいいのですが、早く老化が来た感じで損した気分です。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright(C) 2021 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.